google-site-verification: google34261ba75b11e2e4.html 意外と知らない税金のお話 | 美魔女の作り方

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

今からでも間に合う!「ふるさと納税」


JUGEMテーマ:ふるさと納税




最近、人気の「ふるさと納税」



みなさんはご存知ですか??



 



ふるさと納税とは、好きな地域(都道府県・市区町村)への寄附のことを言います。決して税金を納める訳ではないですよ(笑)



自分の出身地や住んでる場所でなくても良いんです!!



 



寄附をすると、税金が控除されたり、寄附金の使い道を指定して地域を応援できたり、さらには寄附した地域からお礼の品として美味しいお肉やお魚などがもらえることがあります。←これが中々豪華な品々なんです♪



 



寄附の仕方は通販などと一緒で簡単ですが、やり方がわからず、面倒でなかなかやれない人が多いようですね。



 





 



ふるさと納税するメリット



 



?あなたの好きなお礼の品がもらえる
自分の選んだ地方自治体に「寄付」をすると、お肉や魚介類の特産品や旅行などのサービスが返礼品としてもらえます。



?あなたが払う税金が控除される
今年払った所得税から一部戻ってきて、寄附したお金から2000円を除いた全額が翌年の住民税から引かれます。



?あなたが好きな地域を応援できる
ふるさと納税は、自分の出身地や居住地でなくても お礼の品が魅力的な地域など、自由に選べます。



 



寄附をすると、お礼の品がもらえて、税金が控除されて、さらには寄附した地域が元気になるなんてとても嬉しいですね♪



 





●ふるさと納税のやり方



?税金控除される金額の目安を知る(≒2000円の負担で済む上限)



  たとえば、「http://www.furusato-tax.jp/example.html
  こちらのページでシミュレーションをしてみましょう。



  不安な場合は、複数のシミュレーションを試すことと、
  少し少なめに寄付をしてはどうでしょう。



?「http://www.furusato-tax.jp/」こちらのサイトで「無料会員登録」をする



?ふるさと納税をする自治体を選ぶ(≒欲しいお礼の品を選ぶ)



  申込フォームでお礼の品を選択しますので、欲しい品を選んだら、手元にメモしておきましょう。



?申込をする



  クレジットカード決済が便利です。振込みをする手間がありません。



 



楽天経由で申請すると楽天スーパーポイントが貯まりますがただし楽天で取り扱っている自治体は限られているし、
取り扱っている自治体でも、楽天で選べるものは品数が少ない自治体がほとんどです。

楽天で掲載されているもので気にいるものがあればいいし、
なければ同じ自治体でもふるさとチョイス経由や自治体に直接申し込むことになります。
  申込の流れで「YAHOO公金決済」ページからで実施できます。
  ※クレジットカード決済ができる自治体を選ぶのがおすすめです。



?お礼の品を受け取る



  日時指定は(ほぼ)できません。
  申込をする時期をずらすことで調整しましょう。



  ※日持ちしない食べ物を一度に申し込むと、
   それを消費する日々が続きますのでご注意ください。



?「寄附金控除証明書」を受け取る



  到着しない場合は自治体にメールで催促しましょう。
  レスポンスは悪くありません。



?確定申告をする



  ワンストップ特例制度(※)を用いると、確定申告する必要はありません。
   ※ ワンストップ特例制度「http://www.furusato-tax.jp/onestop.html



 



ワンストップ特例



ふるさと納税の特例制度(ワンストップ特例)とはふるさと納税をした地方自治体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税について寄附金税額控除が受けられるという制度です。
つまり、確定申告をして適用を受けるか、あるいは、ワンストップ特例を利用して適用を受けるかいずれかによって税額の軽減を受けることができます。

 確定申告をした場合には所得税と住民税の両方から減額がされるのに対し、ワンストップ特例の場合には所得税からの減額はなくなり、所得税分も含めて住民税額から減額されます。

 確定申告、ワンストップ特例いずれの方法をとっても税額の軽減額は、所得税、住民税で控除を受ける場合でも、住民税のみで控除を受ける場合でも、軽減額の総額は同額となります。

 なお、ワンストップ特例制度は、確定申告不要という便利な制度ですが、適用にあたっては下記の点を留意ください。




  1. ふるさと納税の地方自治体は5団体までとされているため、これを超えるとすべての寄附金についてワンストップ特例は受けられず、確定申告が必要となります。

  2. 自営業者や年収が2,000万円を超える者は確定申告が必要ですから、特例申請書を提出していても確定申告によって控除となります。

  3. サラリーマンでも確定申告をする者はワンストップ特例を受けることはできず、確定申告によって控除を受けます。

  4. 平成27年4月1日以後に支出した寄附金が対象ですから、1月から3月分の適用を受ける為にはすべてを確定申告する必要があります。



現在発売中のダイヤモンド・ザイ1月号には、「年内勝負! ふるさと納税駆け込み特産品ベスト64」と題した別冊付録が付いています。



年内に寄付が間に合ってお礼品の申込もできる自治体が紹介されています。



「島根県浜田市ののどぐろ一夜干し(4〜6尾)」





「鹿児島県薩摩川内市の特大うなぎ(2尾)」





「北海道増毛郡増毛町ボタンエビ1kg(35〜45尾)」





 



この他にも、「牛肉」「豚・鶏肉」「果物」「野菜」のカテゴリー別に紹介しているので興味のある方は是非ご覧下さい!



【出典:ふるさとチョイス】



 


| 意外と知らない税金のお話 | 18:02 | comments(0) | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--