google-site-verification: google34261ba75b11e2e4.html 「冷え性」改善に効く4つの方法 | 美魔女の作り方

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 冬になると辛い乾燥肌対策! | main | ぽっこりお腹解消に!腹筋より効果的なトレーニングとは?? >>

「冷え性」改善に効く4つの方法

JUGEMテーマ:冷え性

 

「冷えは万病のもと」という言葉もあるように、「冷え性」は辛いだけでなく、体調を崩す原因にもなるのできちんと対策しましょう!

 

私も数年前までは冷え性悩んでいましたが、今では冬でも手足がぽかぽかの「冷え」知らずです。今日は、私も効果のあった「冷え性」改善方法とおすすめグッズをご紹介しますね!

 

「冷え性」になる原因は?

 

ある調査によると、70%の女性が自分は「冷え性」だと感じているそうです。

そもそも、冷え性になる原因ってなんなんでしょうか??

 

原因は大きく分けて2つあります。

 

上手に熱を作り出せない

基礎代謝の大部分は体温を保つために使われるのですが、この基礎代謝を作る役割の60%を筋肉が占めています。つまり筋肉量が少ないと作り出せる熱の量も少なくなります。

 

男性より筋肉量が少ない女性の方に冷え性が多いのはこういう理由なんですね。

 

熱を全身に届けられない

いわゆる「血行障害」と言われるものですね。人間の体は筋肉がポンプの役目をして毛細血管の隅々まで血液を循環させていますが、筋肉量が少なかったり、体を動かさず筋肉を使わずにいると、血流が滞って末端まで血液が届きにくくなります。

 

また、ストレスや睡眠不足でも同じように血流が悪くなります。

 

血行が悪くなると、「冷え」だけでなく「肩こり」「腰痛」や「便秘」、「肌荒れ」の原因にもなります。

 

 

いわゆる「血行障害」と言われるものですね。人間の体は筋肉がポンプの役目をして毛細血管の隅々まで血液を循環させています。なので、筋肉量が少なかったり、体を動かさず筋肉を使わずにいると、血流が滞って末端まで血液が届きにくくなります。

 

また、自律神経のバランスが悪いために血流が滞りやすくなる事もあります。ストレスがかかると交感神経が優位になり、体の緊張が続き血流が悪くなります。睡眠不足でも同じように血流が悪くなります。

 

血行が悪くなると、「冷え」だけでなく「肩こり」「腰痛」や「便秘」、「肌荒れ」の原因にもなります。

 

「冷え性」改善方法

 

「筋トレ」

先ほどもご紹介したように「冷え性」を改善するには、「筋肉を増やすこと」と「血流を良くする事」が重要になります!

 

特に、下半身の筋肉がとても大切な役割をしているんです。太ももやふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、下半身の血液を心臓に送り返しているんです。

 

下半身の筋肉を鍛える事が「筋肉量を増やす」と「血液の循環を良くする」の一石二鳥の効果があるという事です!

 

下半身の筋肉を鍛えるには「スクワット」と「カーフレイズ」が効果的です。

 

「有酸素運動」

ウォーキングやジョギング、水泳などと言った有酸素運動をすると血液の循環が良くなり、体温も上がるので血流量も増えます。また、血液を全身に行き渡らせる為に毛細血管も増えてくるそうです。

 

冷え性とは関係ないですが、血流が良くなる事で肌のくすみ改善などの美肌効果もあるんですよ!

 

運動が良いとわかっていても、なかなか時間がないという方もいますよね。

通勤の時に1駅手前で降りて歩くとか、お買い物に行くに自転車のやめて歩いてみる・・・という事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

「入浴」

「入浴」には体を温めるだけでなくリラックス効果もあり冷え性を改善するにはとても効果があります。最近はシャワーだけで済ませる方もいるのだそうですが、必ず湯船につかりましょうね

 

入浴前にお白湯を飲む

入浴前にあらかじめ温かいお白湯を飲むことで発汗作用が高まります。また、入浴時にはおよそ300〜500mlの汗をかくと言われていますので、あらかじめ水分を補給しておきましょう。

 

ぬるめのお湯で長めに

熱いお風呂が好きな方もいらっしゃいますが、体を温めリラックス効果を得るには、副交感神経を優位にする少しぬるめ(40℃くらい)のお湯に10〜15分程度入るのが効果的だそうです。

 

入浴剤やアロマオイルを使用する

血行を促進する入浴剤やアロマオイルを使うことで、入浴の効果を高めるのもおすすめです。

 

無添加の入浴剤【プレミアムホットタブ重炭酸湯BIO】

 

「体を冷やさない」

 

白湯を飲む
朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。夜寝る前にも白湯を飲むことで体が温まります。

 

●「冷え」を防ぐには「首」「手首」「足首」の「3つの首」を暖めるのが良いと言われています

 

「冬が旬」「原産地が寒い地方」「地面の下で育つ」「水分が少ない」食べ物は体を温める物が多いといわれています。

また、キムチや納豆などの発酵食品も体を温めてくれます。

 

 

| 健康法 | 13:42 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 13:42 | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--